ケルヒャー(KARCHER)

黄砂の季節に!

この季節は黄砂で車がすぐに汚れてしまいませんか?

そんな時にお家で手軽に洗車ができるのが高圧洗浄機です。

ケルヒャー 高圧洗浄機 K2.400 ハイパワー コンパクト




高圧洗浄機は、高圧の水を噴射して汚れを落とします。
お車や、ブロック塀、家の外壁などに活躍します。

しかも、ホースで水道水を使うときに比べて圧縮した水を使うので水道代も約70パーセントカットできるそうです!

まあその分電気代はかかるのですが…

KARCHER ケルヒャー 高圧洗浄機 サイレント (60Hz西日本地区用)1.601-441.0 K2900/60Hz K2900/6




同じ高圧洗浄機でも機種がたくさんあります。
一番の違いはパワー(水圧)と音のうるささでしょうか。

機種別の違い一覧はこちらへ→ケルヒャージャパン





購入前に確認しておきたい点大雑把に説明します~

①使いたい場所(屋外)のコンセントの位置
 延長コードを使えばいいとお考えかもしれませんが、コードリールなどによる延長は10mまでとなってます。
 実際お店で買われたお客様で、10m以上のばして使ってたら、「水の勢いが全然ない!」と連絡をもらったこともあります('_')


②水道の場所の確認
 コンセントに合わせて水道にも接続しなければなりません。機種によってはじめから付いてくる高圧ホースの長さに違いがあるので、使いたい場所までどのくらいの距離があり、ホースが届くかを確認しておく必要があります。
しかしこちらは届かない場合、水道ホースを延長することが可能です。


③騒音は大丈夫?
 ケルヒャーの高圧洗浄機のモーターは水冷式と空冷式の2種類が使われています。
その名の通りモーターを冷やすときの違いなのですが、空冷式は結構音がデカい!その為に安価なのですが。
水冷式と比べるとかなり音の違いがありました~
なのでご近所への音が大丈夫かで、機種によるモーターの違いを選ぶのがいいでしょう。



ケルヒャー 高圧洗浄機 K2010 1601-520





とりあえず、お店に購入しにくるお客様があまり確認されてないことはこんなもんですね~


あとは、機種によって使えるアクセサリーと使えないアクセサリーがあるので注意ですね。
いちばん安価な機種だと、水がトルネード状にでてきて汚れを落とすサイクロンジェットノズルという部品が使えなかったり、ため水からくみ上げて使うことができなかったりしますので。



それと高圧の洗浄水を出すので水ハネが結構すごいです。
地面との境目や、床のタイルのところなど泥が跳ねてついたりします…

なのでそういう場所を主に掃除されたい方は、テラスクリーナーをおすすめします

ケルヒャー テラスクリーナー T250P 2642-194



別売になりますが、水がはねなくていいです。
私も床のタイルの掃除をするときは使用してます。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。